Google

2006年03月15日

競馬必勝の書4

競馬必勝の書も4回目となりました。
競馬必勝の書2で紹介した’Method’、前回紹介した’Mの法則’、そして今回は血統ビームを紹介しようと思います。

血統ビーム
亀谷敬正氏が考案した血統を指数化して馬券を獲ろうというものです。これも競馬王の白夜書房から出版されているもので、現在は血統ビーム3まで発刊されております。

web競馬王
本気で勝ちたい人のための競馬予想サイト!


基本的には父馬・母父馬の血統により瞬発力型持続型、距離適正などで10:6や9:7などの指数分けを行い、コースごとの回収率から馬券に絡む確立の高い馬を選び出す馬券術です。

亀谷氏のこの馬券術のキモは、同じ血統が同じレースで馬券に絡みやすい。

各コースの指数別・血統別のデータも別表に載っており、それを見ながら各馬の指数を馬柱に書き込むといったところでしょうか。

血統といえばとかくマニアのもの、覚えるのが難しい。しかし、競馬を始めたからには取り入れたいと思うはずです。

それを見事に解決した血統ビームなのです。

で、実際馬券は獲れるのか?
やはり、使い方しだいです。


G1や長距離戦で何度か高配当をGETしたことはあります。
血統を馬券に取り入れたいならお手軽な方法であることは間違いありません。

亀谷氏は他にもチェンジオブペースなる理論も発表しております。

ちなみに、Mの法則の今井氏のお弟子筋のようです。

長くなってしまいました。
ではまた次回

にほんブログ村 競馬ブログ

「一度呑んだら忘れられない!」という声が続々【幻のプレミア芋焼酎】



posted by 馬券が先か予想が先か 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬必勝の書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。